潰瘍性大腸炎の漢方

潰瘍性大腸炎の漢方

MENU

潰潰瘍性大腸炎

潰潰瘍性大腸炎とは、たくさんの小潰瘍が直腸・S状結腸から始まり、ひどくなると大腸全体に拡大する炎症性の病変です。原因はわかっておらず、厚生労働省の指定難病になっています。

 

以前までは、日本人の発症の割合はそれほど多くなかったのですが、近頃では増加傾向にあります。

 

発症年齢は20歳代がいちばん多いのですが、40歳代以上での発症も近年増えています。性差は明確になっていません。

 

一番の症状は、便に血液が混じる下痢と腹痛です。
合併症として、結節性紅斑や関節痛、痔ろうが現れることがあります。

 

西洋医学での潰瘍性大腸炎の治療

西洋医学での潰瘍性大腸炎の治療としては、サラゾピリン(SAAP)やペンタサ、アサコール(5ーASA)、ステロイド、免疫抑制剤、エレンタール等の経腸栄養剤を使います。

 

潰瘍性大腸炎の漢方

漢方での潰瘍性大腸炎への取り組みとしては、その方の体質や症状に合わせた漢方を使いながら、免疫系を強化していきます。出血があれば止血の漢方も併用していきます。

 

一般的な例としては、桂枝加芍薬湯や半夏瀉心湯、人参湯、きゅう帰調血飲第一加減、大建中湯、キュウ帰キョウガイ湯があります。

 

漢方相談の方法