自律神経失調症の漢方

自律神経失調症の漢方

MENU

自律神経失調症

深い森

自律神経失調症とは、ストレスなどによって自律神経が適正に働かなくなり、それによって生じてくるからだのさまざまな変調のことです。

 

自身の考えと無関係に刺激に応答して、からだの働きを取りまとめているこの自律神経は、機能の違いで交感神経と副交感神経の二つに分けられます。

 

交感神経はからだを動作させるときに影響し(興奮系)、副交感神経はからだを休めるときに影響(鎮静系)します。

 

自律神経が円滑に機能している場合には、この二つの神経がバランスを取りながらからだをコントロールしているのですが、なにかしらの要因でこのバランスが狂うことによって、からだに好ましくない異変があらわれてきます。

 

自律神経失調症の症状

体全般の不調としては、だるさや睡眠障害、疲労感がぬけない等があげられます。

 

からだ各部位の症状としては、頭痛や動悸、めまい、異常な発汗やのぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、からだの異常な冷えなどがあげられます。

 

メンタル面の不調としては、情緒が不安定だったり、原因のない不安感や焦燥感、イライラ、気分の落ち込みなどがあります。

 

以上のように、自律神経が関係しているところに、さまざまな症状があらわれてきます。

自律神経失調症の漢方

漢方では、【心身一如】という言葉があり、体と心は一体であると考えています。
ですので、乱れた体のバランスを整えると、心の不調もそれにともなって良くなっていきます。

 

自律神経失調症の漢方では、体のこの崩れたバランス(気・血・水)を整えていき、体と心の症状を良くしていきます。
気の流れが悪い場合は気の流れを良くする漢方を、血が不足していれば血を補う漢方薬などを使い、体のバランスを整えていきます。

 

よく使う漢方薬

桂枝加芍薬湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、加味逍遥散、柴胡桂枝湯、帰脾湯、半夏厚朴湯、香蘇散などがあります。

 

(※)その人の体質によって、上記以外にも違う漢方薬を使うことが良くあります。
また、表面にでている症状は同じでも、その人の体質によって漢方薬も変わってきますので、漢方の専門家にご相談のうえでの服用をおすすめします。

 

こちらの春の自律神経の乱れと漢方の記事もどうぞ。


東次郎薬局での漢方相談

初回の漢方相談では、漢方カウンセングに時間をじゅうぶんに取り、自律神経のバランスの崩れを漢方での考えから良く検討して、その人の体質や症状に合った漢方薬を調合又はお選びしています。(ご相談は、店長の岡が責任を持って対応しています。)

 

2回目以降のご相談も、初回ほど時間はかかりませんが、症状や体調の変化などをよくお聞きしてから、漢方薬を調合させていただいております。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

無料漢方相談