板橋で漢方相談なら。板橋区の漢方薬局

板橋の東次郎漢方薬局

MENU

不妊子宝漢方相談

不妊・子宝相談

めまい

自律神経の乱れ

はやく子宝に恵まれように、自分の体質に合った漢方薬で、妊娠しやすい体づくりをしていきます。

 

詳細はこちら

病院で治療を受けても、めまいや耳鳴りの症状が良くならない方は、ぜひ漢方薬をお試し下さい。

 

自律神経のバランスの崩れでお悩みにの方に、漢方でおだやかに体調を整えていきます。

 

当漢方薬局は、板橋の東武東上線大山駅からすぐにある漢方薬局です。
お電話やご来店で漢方相談(カウンセリング)をしたのうえで、体質に合った漢方薬をおつくりしています。遠方の方には電話相談のうえでお送りもしています。

 

病院の治療でなかなか良くならない方、自然治癒力を高めて自らの力で病気を治したいとの思いの方は、ぜひご相談下さい。
ご相談は、不妊症やめまい・自律神経系の漢方相談を多くいただいております。

 

漢方って、本当に効果があるの?

 

調合

「漢方って本当に効くの?」
「今まで、漢方を飲んだことがあるけど効かなかった。」
「今現在、漢方を飲んでいるけど変化があまり無い。」

 

 と、思っている方はいらっしゃいませんか?

 

漢方薬を病名で選んだり、中医学的に体質をしっかり判断して選ばないと、漢方の効果はなかなかでてきません。

 

漢方の生薬

同じような症状の方でも、体質が違えば一番合った漢方も変わってきます。

 

そのため東次郎薬局では、中医学的に体質をしっかり判断するために、カウンセリングを充分にしてから漢方薬をお選びしています。

 

同じ漢方でも生薬の品質によって、効果に違いがあります。

 

生薬

漢方の原料は主に天然の植物を使用していますので、産地や品質によって効果に差がでてきます。

 

東次郎薬局では、十分に吟味した生薬や、品質の良い粉薬だけを使っています。

 

既製品の漢方も、信頼のおけるメーカーのものだけを厳選して取り扱っています。

 

以前にに効いた漢方でも、今の症状には効果がないことも。

 

東次郎薬局では初回の漢方の内容と2回目以降の漢方の内容が、毎回変わることもあります。

 

漢方薬局の店長

それは、漢方を服用していく中で変化していく体のバランスや体質に、しっかりと合わせるために必要になるからです。

 

そのために、初回だけではなく、毎回カウンセリングしてから漢方薬をお選びしています。(初回ほどは時間はかかりません)

漢方相談は、店長の岡が責任をもって対応させていただきます。

 

 

漢方を飲んでいる途中で、何か気になることがあったら?

 

漢方相談風景

漢方をお買い上げいただいた方には、定期的にお電話やお手紙等でフォローさせていただいております。
けっして、売りっぱなしにはしません。

 

漢方服用中に気になる事は、お電話やメールでいつでもご相談を受け付けています。
病気の事、食事の事、ご家族の健康の事など漢方と関係の無い事でも、店長の岡まで何なりとご連絡ください。
※)薬の専門家が身内にいるつもりで、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

東次郎薬局のポリシー

 

同じような症状の方でも、体質が違えば一番合った漢方も変わってきます。

 

そのため東次郎漢方薬局では、一人一人カウンセリングさせていただいた上で、漢方を販売しています。

 

手間はかかりますが、それがあなた様にとって、体質を改善していきながらお悩みの症状を良くする一番の近道だと思っています。

 

 

漢方相談の方法

ご相談方法は、
遠方の方には電話相談、ご来店できる方には店舗でのご相談
の2種類があります。

 

漢方相談問い合わせ

 

 

 

 

漢方情報コーナー

 


当帰芍薬散/不妊症に良い漢方
不妊症によく使う漢方に、当帰芍薬散があります。昔から、日本漢方では不妊症によく使われていた処方で、妊娠中の安胎薬としても使われます。当帰芍薬散は、


多汗症と漢方
多汗症とは、何らかの原因により汗腺の活動が亢進することによって、過度な発汗がみられる症状です。分類としては、発汗の範囲が手のひらや足底、脇、鼠径部などに


二人目不妊
一人目の子供は、何も問題なく自然妊娠できたのに、二人目は、なかなかうまくいかない・・・。病院で検査しても、特に異常なし。二人目不妊の原因としては、


漢方で冷えや更年期の症状を和らげる
冷えや更年期に起こる様々な体の不調などの悩みは、一人一人で症状が違うことが多いものです。例えば、一口に冷えといっても、全身に冷えを感じる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加