漢方薬局でオーダーメイドで処方してもらう

漢方薬局でオーダーメイドで処方してもらう

MENU

漢方薬局でオーダーメイドで処方してもらう

西洋医療で出される薬の副作用が気になる、なるべく体に優しい方法で病気を改善したい、そういう方にオススメなのが漢方薬局で患者の状態にあわせてオーダーメイドで処方してもらうという方法です。

 

漢方薬は他でも購入できるけど・・・

漢方薬はドラッグストアなど一般の薬局でも、症状別にこれが良いというものを売り出しています。それを試ししてみるのも良いでしょう。

 

しかし個人個人で体の細かな状態(体質)や症状などは違います。漢方薬は症状が同じでも体質が違うと合う漢方薬も変わってきます。そこで、1人1人の患者の症状や体質にあわせた漢方をいろいろと組み合わせて処方してくれるのが、漢方薬局です。

 

ほとんどの漢方薬局では、1人1人に対してカウンセリングを行います。その時には、体の状態や今までの症状の経過などを細かく話すようにしましょう。漢方薬剤師はそれにあわせて、いくつかの薬草(生薬)を組み合わせたり、漢方エキス剤などを処方します。

 

費用と効果を考えてみる

オーダーメイドの場合、普通にドラッグストアなどで漢方を購入するより費用がかかりますが、それでも個人個人の体にあわせてありますので効果はその分高いことが期待できます。

 

(※普通に購入する漢方薬でも、その人の体質や症状に合わせる場合、何種類かの漢方を一緒に飲まないとうまくいかない場合が多く、その場合は調合するより高くなってしまう場合もあります。)

 

漢方の効き方と副作用のこと

漢方薬の場合、西洋薬と比べて即効性に劣るかもしれません。
(※カゼなどの急性症状は別ですが。) 
なぜなら漢方薬は症状を抑える治療ではなく、その症状がでている原因を改善していき(体質改善)、自分の力で症状が出ないように強い体をつくっていくというものだからです。

 

体質改善のために飲む漢方薬は、ある程度の期間、毎日続けて飲んでいきます。そこで心配になるのが副作用ですが、原料は自然由来のものを使っていますし、その人の体質に合ったものなら副作用の心配は西洋薬に比べて少ないと思います。

 

まれに漢方の生薬に対してアレルギー症状を示す場合もありますが、その場合も服用を中止すれば、良くなる場合がほとんどです。

 

それ以外に漢方の副作用として良くあるのが、胃のもたれや下痢などの胃腸系の副作用です。これは飲み始めに起こりやすいのですが、体質にあった漢方薬であれば、飲む量を加減したりなどすれば、胃腸の症状もしばらくすれば落ち着いて来ることが多いようです。

 

※漢方薬局では、慢性病の場合などは1回の処方で2週間から1ヶ月分ほどで調合することがほとんどで、その時々で体調を確認してから処方します。ですので、もし不快な症状などが出ているようであれば、その時にしっかりとその症状を伝えるようにしましょう。

 

漢方薬で体調を改善したいのなら、勇気を出して一度お近くの漢方薬局で相談してみてはいかがですか?

 

 

 

漢方相談の方法